TOP > 記事を見る > 金融 > 借りれるだけ借りてしまった後に考えること・・・

借りれるだけ借りてしまった後に考えること・・・
高橋 範

2018/08/23記事

alt here... G.S.ブレインズ税理士法人
金融

高橋 範

 
 
決算後に銀行から営業を受けた場合など、 
 
借入を行いやすいタイミングがあります。 
 
 
 
この考え方は、 
 
自社の資金が不足気味になって来たタイミングで 
 
借入を依頼する場合に比べて、借りやすい傾向があります。 
 
(もちろん、業績が悪すぎない前提です) 
 
 
 
ただ、これを繰り返していくと、 
 
いつの間にか毎月の返済金額が膨らみ、 
 
返済に必要な利益が不足し、 
 
返済するために融資を受ける状態に陥る可能性があります。 
 
(安定した利益率で、増収増益を繰り返していない場合になります) 
 
(しっかりと利益を出し続けられると、返済資金は不足しません) 
 
 
 
そうすると、なかなか借入金残高が減っていきません。 
 
 
 
当初は資金不足を憂慮し、 
 
手持資金を手厚くするために借入していたつもりが、 
 
不安定とまでは言わずとも、 
 
業績の浮き沈みで借りた資金を使ってしまったケースです。 
 
(借りた資金を預金で置いておければ良いのですが、なかなかそうもいかないです) 
 
 
 
この時に検討する資金繰り対策は、借入金の一本化です。 
 
 
 
銀行からの提案のタイミングで借入をしていくと、 
 
借入本数が増える傾向にあり、その分、毎月の返済額も膨らんでいきます。 
 
(なかには、他行からの一本化での借換提案もあると思います) 
 
 
 
銀行からの提案通りに借入本数を増やしてしまった場合は、 
 
前の借入金と合わせて借換をすることにより、 
 
毎月の返済金額を抑えられ、資金繰りが安定します。 
 
リスケもせずに済むので、追加融資も可能です。 
 
 
 
総借入額が数億円になった場合は、 
 
シンジケートローンの検討も可能です。 
 
 
 
最近の傾向では、シンジケートローンの手数料収入(2%前後)が見込めるためか、  
 
銀行からの提案が増えてきているように感じます。 
 
 
▼▽ お問合せはお気軽に ▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼ 
 
G.S.ブレインズ税理士法人 
〒101-0064 東京都千代田区神田猿楽町2-6-10 Daiwa猿楽町ビル1F 
 
TEL:03-6417-9627 
 
http://zeimu.seityo-sien.com/inquiry/

前のページに戻る